美味しいコーヒーの淹れ方

コーヒーのいろいろな淹れ方

コーヒーは現在多くの人に親しまれている飲み物ですが、様々なドリップ方法がありそれらを好みで使い分けられるようにすることで、より理想的な飲み物として豊かな時間を過ごしたり良い商品として提供することができます。
基本となるポピュラーなやり方はフィルターを使ったフィルタードリップ法です。
濾過してそのまま飲むというシンプルな方法なので初心者でも安心ですし、道具も簡単に手に入ることがポイントです。
喫茶店などでは見た目やこだわりの風味などの関係で別の方式を使う場合もあり、よく見られるのはネルドリップ式とサイフォンドリップ式です。
ネルドリップは挽いた豆を袋に入れて少し煮出すというもので、袋の大きさや抽出のタイミングで味を変えられます。
サイフォンドリップはサイフォンを使い成分を出すもので、味以上に見た目による演出効果が大きいことが魅力です。
エスプレッソは高圧の蒸気によって短時間で提供できることや、風味を凝縮できることが持ち味です。
水出しコーヒーは水を使うことで雑味を出さずすっきりとした味を作ることができるので夏場などにはよく見られます。
こうした方法をいろいろ試すと奥深い味わいを知ることができ、より楽しめるようになります。

美味しいコーヒーは、3分で淹れること

美味しいコーヒーを自分で淹れたい、と思ったら、それはもうとても大変です。
豆の原産地や焙煎の仕方、ミルや抽出のための道具、お湯の注ぎ方などなど、追求していけばきりがありません。
プロのバリスタを目指すならそれでいいかもしれませんが、いきなりそこまでのこだわりを持つ必要はありません。
淹れるときに少し気をつけるだけで格段に美味しくなるコツがあります。
それが、「3分以内に淹れること」です。
ドリップコーヒーは、3分ぐらいで淹れてしまわないと美味しくないのです。
たいていの人は、ゆっくりと慎重にお湯を注いで抽出します。
これは全く間違ったやり方ではありませんが、このときに時間をかけすぎるとよくありません。
時間をかければかけるほど美味しくない成分まで抽出されてしまい、豆の本来の性質よりも酸味が強くなりすぎてしまいます。
人それぞれ好みはありますが、不必要に酸味が強いと美味しく感じられません。
それを防ぐために素早く抽出してしまわないといけないのですが、丁度良い時間の目安が「3分」です。
始めたばかりのは難しく感じるかもしれませんが、だんだん慣れてくれば誰でも実践できる簡単なコツです。
次にコーヒーを飲むときは、ぜひ3分で淹れることを目指して作ってみてください。